ナンザンスミレ

昨年ブログのお友達から頂いたナンザンスミレの種。
植木鉢にたくさんパラパラ蒔いて咲くのを楽しみにしていました~♥

そして・・・
今日始めて可愛らしいお花を咲かせてくれましたぁ~♪

a0088339_16593180.jpg




この『ナンザンスミレ』はスミレ科スミレ属の多年草です。
日本では九州長崎県の対馬列島だけに生育している、ヒゴスミレの母種にあたるそうです。
山地の林床や、やや湿った林縁や、日当たりのよい草地に生えて、高さは10センチほどの大きさです。
3月から4月ごろ、可愛らしい小さな花を咲かせます。
普通は7月ころまで種子をつくるんですが、なぜかこのナンザンスミレは11月ころまで次々と蕾ができて開花せずに種を実らせます。
そうなんです、花が全く咲かないんですよ~~、昨年ビックリしましたもん^^;
自家受粉といって花の中で自分の雄しべの花粉が雌しべについて種が出来るのですって!
すごいですよね~自然って!
こういう花を閉鎖花というんだそうで~~~す\(^o^)/


まだまだ蕾がた~~くさんあるので、しばらくは楽しめそうです♪
a0088339_1771754.jpg





この子達は明日咲いてくれるかしら~~ン(^_-)-☆
楽しみ~☆
a0088339_178139.jpg

[PR]
by noe-flour | 2016-03-23 17:13 |
<< 桜の花 ヒマラヤユキノシタ >>